手相の見方「ますかけ線が両手に、適職な仕事は?恋愛運などの運勢は?」

ますかけ線は、珍しい手相であると言われますが、
中でも両手にますかけ線がある人は

「手相占い師でも、なかなかお目にかかれない」

というほど珍しいようです。

そんなますかけ線が両手にある人の、
手相の見方をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

ますかけ線は別名を百握りと言われ、
強運の持ち主とみるのが一般的です。

そんなますかけ線が両手にある場合、
さぞや強運と思われますが、
どうなのでしょうか。

ますかけ線は仕事で
成功することを暗示した線でもあり、
手相の見方としては・・・

”仕事運が良好である”
”成功を掴み金運を良好にすることができる”

と言えます。

ますかけ線が両手にある人の適職は、
政治家、芸能人、俳優女優、芸人。
スポーツ選手や医者、教師。フリーランス等々……。

実は、どれでなくてはならないということはありません。

ますかけ線を、特に両手に持つ人にとって大切なことは、
自分に合った職を見つけ出すということなのです。

ますかけ線が両手にあり、
手相の見方として「運が良い」という説があったとしても、
自分に適したものを見つけ出せない場合は、
鳴かず飛ばずの人生になることもあるでしょう。

スポンサーリンク

一方で、合ったものを見つけ出したときには、
その道に没頭し、一所懸命の努力で成功を築く可能性があるのです。

さて、ますかけ線が両手にある場合、
恋愛運はどうなるでしょう?

これは男性と女性で少々異なります。

男性の恋愛運は、
引っ張るタイプになりますので、
おおむね良好。

これという人に出会えば個性の強いアプローチで、
粘り勝ちで意中の人を手にすることも珍しくはありません。

一方で女性の恋愛運という点では心配。

仕事に没頭しすぎる余り、
婚期を逃したり恋愛をないがしろにして彼氏と別れたり、
結婚してもなお、個性の強さで夫と衝突するなど問題も多く、
実は離婚率も高いという説も……。

結婚する場合は、妻の運の強さを信じ、
一途に支えてくれるタイプの、
寛大かつ優しい男性と結婚するのがおすすめ。

ワンマンなタイプの男性とのお付き合い、結婚は、
破綻の可能性があることを覚えておきましょう。

手相一覧の目次に戻る

スポンサーリンク

One Response to “手相の見方「ますかけ線が両手に、適職な仕事は?恋愛運などの運勢は?」”

  1. ゆき より:

    どうも両手ますかけのようなのですが、素人目には良くわからない手相をしています。
    手のひらの真ん中を人差し指方面に斜めに横切っているのが感情線なのか?運命線なのか?

    私は女性なので、ますかけ線の強運よりも普通の女性としての恋愛運や家庭運の方があった方がうれしいのですけど、現実的には仕事大好きで独身街道まっしぐらです。

ゆき にコメントする

サブコンテンツ

このページの先頭へ